ヤンゴンのタクシー事情

Posted on 7月 20, 2018

こんにちは管理人です

今日はヤンゴンのタクシーの話をしたいと思います。

現在ヤンゴンにおいてタクシーサービスを大きく分けて二つに分かれます

一つ目は日本と同じ流しのタクシーを捕まえる。もう一つはアプリを使った配車サービス(UberやGrabなど)を使うものです。

どちらにも一長一短があり、流しのタクシーの長所は車がすぐ捕まることです。短所はメーターがなく直接交渉が必要だということです。

一方アプリを使った配車サービスは金額が決まっており値段の必要がなく場所も予め地図で指定するので説明が楽です。

私個人としては仕事で使うときは流しのタクシー、仕事以外ではアプリを使った配車サービスを使うことが多いです。

周りの人に聞いてみるとアプリを使った配送サービスの方がユーザーを増やしている感じですね。

最後にどちらのサービスを使うにも大きなな欠点があります。それは地図が読めないドライバーが多いということです。 なのでこちらも地図が手放せません。

地図が読めることに感謝する今日この頃です。